ufotable社長が自宅で保管した脱税3億ってどのくらいの量?

スポンサーリンク

アニメ制作会社「ユーフォーテーブル」の近藤光社長(51)が自宅に3億の現金を保管していた事がわかりましたね。

脱税です。

ufotableは「鬼滅の刃」の制作会社で昨年10月16日に公開されたアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の興行収入は400億円以上になっています。

そんなユーフォーテーブルが手掛けているアニメ関連のカフェの売上を、3年間で約4億4100万円の所得を隠して、法人税など合わせて約1億3700万円を脱税していたというから驚きですね。

 

今回近藤社長の自宅の金庫から約3億円の現金が見つかったそうですが、凡人の我々からは3億がどのくらいになるのか想像もできない額ですね。

そして、どのくらいの量になるのでしょうか?

スポンサーリンク

ユーフォーテーブル近藤社長の3億円はどのくらいの量か?

まずは100万円が10束で1000万ですが、1000万でも手に持ったことないですからどのくらいかわかりません。

1000万はこれくらいです。

100万円の束が厚み1㎝で、10個重なると10㎝になるみたいです。( ゚Д゚)

そしてこの束が、10個で1億円、30個で3億円です。

これが3億円です!

ユーフォーテーブル近藤社長の金庫はどのくらいか?

実際に、50リットルの金庫に3億がどのくらい入るのか動画がありましたので

見てみると、50Lの金庫に3億が入るか試してみると、なんと、すっぽり入りました。

4億は入りそうですね。

近藤社長くらいになると、金庫はもっと大きいかもしれませんね。

いったいいくら貯蓄するつもりだったのか。

人間、大金を手にすると良からぬことをしてしまうものなんですね。

ufotableは過去にも脱税が

今回の件で、鬼滅の刃のアニメに影響がでないかどうか心配ですね。

このように、鬼滅と関わりがあるように報道されることにとても違和感を感じているようです。

制作会社としてすべて一緒というふうにとらわれてしまうのが悲しいところですね。

タイトルとURLをコピーしました