佐藤亜美菜 アイマス橘ありす役・アイドルから声優変更した理由とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

佐藤亜美菜 アイマス橘ありす 人気アイドルから声優になった理由とは?

今回の記事は過去にAKB48メンバーとして、現在は声優やラジオパーソナリティ、アーティストとして活躍されている佐藤亜美菜さんについて紹介していきたいと思います。

現在のアイドル人気の火付け役ともなったAKB48に所属されていた亜美菜さんですが、何がきっかけで声優になられたのでしょうか。

また声優としての評価やどのような代表作品があるのでしょうか。

今回はそれらを探ってみたいと思います。

佐藤亜美菜のプロフィール

佐藤亜美菜の画像

参照:公式Twitterより

氏名 佐藤亜美菜

フリガナ さとうあみな

生年月日 1990年10月16日

血液型   O型

出身地   東京都

所属事務所 大沢事務所

佐藤亜美菜の経歴 どうして声優へ?

~佐藤亜美菜 幼少期~

亜美菜さんが声優になるまでを幼少期から振り返ってみたいと思います。

亜美菜さんが物心ついたときはエンターテインメントが好きな家族に囲まれていたこともあって、ディズニーのダンサーになりたかったんだそうです。

また小学校の学芸会では脇役をやった時に、楽しさからお芝居に興味を持ち始めました。

現在の職業につながる何かを表現したいという思いが幼少期に芽生えたのかもしれませんね。

 

こうしてお芝居に関心を持った亜美菜さんは子役として演技をしたいと考えるようになります。

後に小学3年生ながら2000年に芸能事務所「舞夢プロ」に入り、子役として活躍されました。

『こどものこわい話 2000』の「戻ってくる人形」画像

参照:Amebaブログ 佐藤亜美菜ちゃんの魅力を伝える動画集より

こちらの画像は『こどものこわい話 2000』の「戻ってくる人形」というホラー作品に出演されているワンシーンです。

 

2005年まで子役活動を続けられた亜美菜さんですが、ふと突然にこうした演技をすることが恥ずかしくなってしまいます。

お年頃だったこともあるのでしょうかね。

そして事務所を辞めた亜美菜さんは芸能界の世界から一般人として日々を送ることになりました。

~AKB48のメンバーに~

チームAの15人が並ぶ 川栄李奈と入山杏奈は療養中のため休演=AKB48劇場 (C)AKS

参照:oricon newsより

一般の人として普通の生活を送っていた亜美菜さんですが転機が訪れます。

それはテレビでアイドルグループAKB48の存在を知ったときでした。

秋葉原にある劇場公演や握手会に何度も足を運ぶまでに興味を持つようになった亜美菜さんは、ファンとしてだけでなく自分もあの場に加わりたい、AKBになりたいと思い始めます。

そして2007年のAKB第四期生オーディションに見事合格しAKBに加入することになりました。

実はこの時高校生二年生でした。

ここまでだけでも内容の非常に濃い人生なのですが、自分で自分のやりたいことを決めて頑張ることを小さい頃からやっているのは本当にすごいと思います。

~AKB48卒業から声優へ~

AKB48の佐藤亜美菜 (C)ORICON NewS inc.

参照:oricon newsより

夢を追ってきた実現してきた亜美菜さんですが、どうして声優の仕事に転向することを決めたのでしょうか。

調べて一つの理由としてあげられるのは、亜美菜さんに対する待遇の悪さがあったのかもしれません。

AKB第一回選抜総選挙で8位を獲得したものの、通常シングル曲の選抜経験が一度もなかったり、メディア露出機会少なさなどが顕著だったりAKB運営側からかなり不遇の対応を受けていたそうです。

Twitterには、、

総選挙一桁をとった亜美菜さんでしたが、実際見てみると初の選抜曲では数秒程度の出演だけでした。

運営側やプロデューサーからはあまり評価されていなかったようですね。

 

こうした背景の中で亜美菜さんが活躍の場をひろげることとなったのが、「声に携わる仕事」だったのです。

亜美菜さんのもう一つのやりたかったことであるラジオパーソナリティとして「AKB48のオールナイトニッポン」「AKB48佐藤亜美菜のこの世に小文字はいりません!」などのラジオ出演の機会が多くなりました。

在籍中も何度かアニメに出演されていましたが、2011年にはオーディションを勝ち抜き、声優選抜としてアニメ『AKB0048』に出演することとなりました。

本格的に声優デビューすることになったのです。

AKB0048

参照:dアニメストアより

こうして亜美菜さんは声優業で成功を収める中で、声の仕事がやりたいことに代わっていったのでしょう。

AKB48の所属したままでは声優の仕事に専念できないために2014年に卒業、そして現在の事務所である声優大手の大沢事務所に移籍して、声優業に専念されるようになりました。

「佐藤亜美菜 卒業」の画像検索結果

参照:Twitterより

人気アイドルから声優への異例ともいえる決断をされたわけですが、さらにすごいのは亜美菜さんの声優に対する動機です。

アニメなどの声優の仕事は亜美菜さんにとって非常に難しく、満足な出来に達していないと毎回感じていたそう。

しかしそれをあえてチャレンジしたいと亜美菜さんは思うようになりました。自分にとって厳しいと思える道に進むことが、人生にプラスになるだろうと思い声優になることを決意されました。

亜美菜さんの決断力や向上心は本当にすごいと思いました。

佐藤亜美菜 声優としての評価は?

やりたいことを実現するために声優業界に飛び込んだ佐藤亜美菜さん。声優として評価はどうだったのでしょうか。

亜美菜さんがAKBから声優への転向を発表したとき、これをよく思わない人からインターネット上で大量のバッシングや批判などを受けてしまいます。

さらには、その後2013年にゲーム『アイドルマスターシンデレラガールズ』の人気キャラクター橘ありす役のボイスを担当になったときには、元AKBの肩書などから大炎上するまでに。

このように亜美菜さんが声優の世界に飛び込んだ直後はかなり批判を浴びました。

「アイドルマスターシンデレラガールズ」の画像検索結果

参照:AndApp公式サイトより

しかし、その下馬評をはねのけたのも橘ありすとしての役でした。

亜美菜さんはその役のイメージや声質を試行錯誤して研究・分析する努力を積み重ねました。

ファンの思い描くキャラクターに限りなく擦り合わせていった結果、最終的にはソロCD曲やライブパフォーマンスを通じて当初の大バッシングはなくなり、批判的だった人をファンに変えるまでの出来でした。

調べたところ掲示板やTwitterには「圧倒された」「佐藤亜美菜でよかった」とネットでは大絶賛のコメントでいっぱいでした。

批判に耐えて、ひたむきに努力し実力で評価された亜美菜さん。

批判に折れずに努力して逆境を跳ね返す芯の強さやメンタルは本当にカッコいいと思います。

声優として実力は十二分に持っているだけでなく、こうした人間性にも魅了されたファンも多いのではないでしょうか。

佐藤亜美菜 現在もラジオ出演中

参照:文化放送 A&Gより

2021年現在も佐藤亜美菜さんは文化放送『佐藤亜美菜のアミメン!』にラジオパーソナリティとして出演中です。

亜美菜さんのAKB時代の2011年から2016年まで放送のラジオ『佐藤亜美菜のこの世に小文字はいりません!』から引き続きおよそ10年間も継続されています。

持ち前のトーク力と人気があるからこそ、ここまで番組が続くのだと思います。

ちなみに亜美菜さんの事務所大沢事務所はインスタグラムなどの公式アカウントやブログを許可していません。

亜美菜さんが発信できる場は、ほぼ『佐藤亜美菜のアミメン!』とその番組専用公式ツイッターに限られています。

そのため、このラジオは亜美菜さんのファンにとって必聴といえるでしょう。

佐藤亜美菜は結婚している?

佐藤亜美菜さんは結婚されているのでしょうか。

2019年2月1日の自身のTwitterで入籍したことを報告されました。

お相手は一般の方で、アニメ制作会社にお勤めだそうです。

旦那さんの顔や馴れ初めなどが気になる方が多いと思いますが、公開されておらず、それ以上の情報はないようです。

 

佐藤亜美菜のこどもについては?

2021年の時点で30歳の佐藤亜美菜さんですが、お子さんはいらっしゃいません。

加えて妊娠の報告や情報もありません。

チャレンジ精神に富んだ方なので、まだまだお仕事に専念されるのではないでしょうか。

佐藤亜美菜の代表作品

佐藤亜美菜さんはどんな作品に出演されていたのでしょうか。声優デビューされた2009年から振り返ってみたいと思います。

『うさるさん』ピョコ(2009)

画像

参照:Amazonより

絵本が原作で、2009年にアニメ化されたのがこの作品です。

うさぎとさるが混ざった主人公うさるさんを中心に繰り広げられる心温まるストーリーです。

なんといってもこの『うさるさん』が亜美菜さんにとって声優デビューをかざった作品です。

『AKB0048』一条友歌(2012)

画像

参照:Twitterより

先ほども紹介した『AKB0048』ですが、AKB48の研究生の成長を描くアニメです。

地球の危機や芸能禁止といった困難に立ち向かうという意外にも壮大なSFの作品です。

亜美菜さんはAKB48やSKE48などの姉妹グループの200名からメインキャラの9人の一人一条友歌に選ばれました。

『坂道のアポロン』西見まり子(2012)

参照:公式サイトより

小学館漫画賞をとった小玉ユキさんの原作コミックがテレビアニメ化され2012年に放送されました。

実写映画化もされており、聞いたことある方もいるかもしれません。

昭和を舞台に高校生がジャズに目覚めていく青春の物語です。

キャラクター的にはあまり重要ではないですが、亜美菜さんは主人公の従姉妹役で出演されました。

『トリアージX』梨田織葉(2015)

 (公式ホームページより)

『トリアージX』も漫画が原作で、高校生ながら秘密組織として悪の組織と戦うシリアスなアクションアニメです。

亜美菜さんが演じたのは爆発物を器用に操るメインのキャラクターです。

『アイドルマスターシンデレラガールズ』橘ありす(2015)

画像

参照:アイドルマスターアイドル名鑑より

ソーシャルゲームから始まった『アイドルマスターシンデレラガールズ』ですが、アイドルをプロデュースするというコンセプトの作品です。

アニメやスマホゲームにも派生されており、アニメは2015年に放送されました。

亜美菜さん自身も印象に残っている出演作品についてはこのアイドルマスターを上げており、ターニングポイントとともなった作品だと思います。

亜美菜さん演じる橘ありすはまだ小学生の幼いこどもですが、この幼さを見事に表現されています。

CDも発売されており歌唱力も圧巻です。

参照:Amazonより

『ガーリッシュナンバー』桜ヶ丘七海(2016)

参照:Twitterより

『ガーリッシュナンバー』は小説が原作の、声優の仕事を舞台に、若手声優の日常と声優業の表裏を描いた作品です。

桜が丘七海は主人公にあこがれを抱く、純粋無垢なキャラクターです。

『HUGっと!プリキュア』野乃ことり(2018)

画像

参照:公式サイトより

人気アニメ『プリキュア』シリーズにも亜美菜さんは出演されました。

主人公の妹として出演。

亜美菜さんは声優としてプリキュアに挑戦してみたいと以前から思っていたそうで、本人にとっても最高の瞬間だったのではないでしょうか。

まとめ

これまで佐藤亜美菜さんについてまとめていきました。

個人的には映画の主人公のような転機の連続を経験されているのと本当に努力家なんだなーと感じました。

今後も佐藤亜美菜さんの活躍に期待です!

タイトルとURLをコピーしました