写真撮影はスマホ派?一眼レフカメラ派?メリットとデメリットを紹介

スポンサーリンク

皆さん、写真撮影はされますか?

近年ではスマホの普及により誰でも日常的に写真を撮る機会が増えたと思います。

でも、すべてのシーンをスマホで撮ろうとすると、うまく撮れなかった経験は誰しも持っているのではないでしょうか?

スマホカメラには得意な被写体と苦手な被写体があります。

いざというときには、高画質で失敗の少ないデジタル一眼レフでの撮影をおすすめします。

まずはスマホカメラとデジタル一眼、それぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。

スポンサーリンク

スマホカメラのメリット

スマホカメラのメリットは大きく分けると以下になります。

  1. 圧倒的な携帯性
  2. 便利なシーン認識
  3. 写真の共有がすぐできる

順番に見ていきましょう。

圧倒的な携帯性

スマホカメラの一番のメリットはやはりコレでしょう。

薄くて軽い。ポケットやバッグに入れて手軽に持ち運べる携帯性は最強の強みです。

いつでもどんなときでもスマホさえ持っていればすぐに写真が撮れる。

デジタル一眼は写真を撮ろうという目的を持ってなければ、まず持ち歩きませんよね。

重さもあって嵩張りますので、よほど気合を入れないと持ち出さないでしょう。

便利なシーン認識

この機能はカメラを被写体に向けたとき、昼間なのか夜なのか、人物を撮っているのか風景を撮っているのかなどをカメラが自動で認識し、最適な設定に変更してくれるというものです。

数年前のスマホではこのシーン認識の精度はそれほど高くありませんでしたが、最近のスマホではより精度が上がっていてカメラに詳しくない人でも簡単にきれいな写真を撮ることができます。

この機能が向上したことは、スマホで写真を撮る人をさらに増加させる要因になったと思われます。

写真の共有がすぐできる

スマホで写真を撮影する人の目的の一つとして、写真を共有することが挙げられます。

撮った写真をすぐに友人や家族に送って共有できる。

また、SNSが普及して誰でも撮影した写真をインターネット上にアップロードできるようになりました。

このことは世界中の人達に自分の写真を見てもらえ、新たな交流のきっかけにもなります。

デジタル一眼でも写真をスマホへ転送する機能が備わっているものが出てきていますが、

一度スマホへ転送しなければならない手間を考えると撮影してすぐに共有できるスマホカメラの方が利便性は高いでしょう。

スマホカメラのデメリット

一方でスマホカメラにもデメリットがあります。以下の3つです。

  1. ノイズに弱い
  2. 編集(レタッチ)に弱い
  3. レンズを交換できない

順に見ていきます。

ノイズに弱い

スマホカメラはその撮像素子の小ささから十分な集光ができず、ノイズが発生しやすい傾向になります。

特に夜や室内など暗いシーンでは暗部にノイズが発生しやすくなります。

最新のスマホではデジタル処理でこのノイズを巧みに打ち消す処理が入っているものもありますが、

デジタル処理された画像は立体感がなくのっぺりとした絵になりやすいので使う際には注意が必要です。

この点一眼レフは、撮像素子がスマホよりも大きいのでノイズに対する耐性は高いです。

編集(レタッチ)に弱い

スマホで撮影した画像はJPEGというファイルフォーマットで保存されます。

このJPEGフォーマットは編集操作に弱い特性を持っています。

例えば、撮影した画像が思ったよりも暗くて、後から明るさを調整しようとするとその調整に耐えきれずノイズが出てしまったり白飛びしてしまうなど画像が破綻してしまいます。

一方デジタル一眼のフォーマットは殆どの機種でRAWというファイルフォーマットを扱うことができます。

JPEGは画像保存時に圧縮処理が入っていて、実際に撮影した画像よりもやや情報が欠落した状態で保存されます。(人間に目にはほとんどわからないレベルですが)

RAWはJPEGのような圧縮処理は入っていないためファイルサイズは大きくなりますが、その分編集に対する耐性は高いです。後から画像の明るさ、色味を変更してもほとんど画像の劣化には影響しません。

レンズ交換ができない

スマホカメラはレンズの交換ができません。そのため撮影できる距離には限りがあります。

スナップ写真を撮るには最適ですが、より遠くのものを撮影する場合などは限界があります。

例えば、運動会で子供の写真を撮ったりするには不向きと言えます。

スマホカメラに外付けでレンズを装着させてより遠くを撮ったり広角に撮ったりするケースもありますが、あまりオススメはしません。

スマホカメラ本来の性能を無理やり変更させる行為であり画像劣化につながるためです。

デジタル一眼レフのメリット

続いて、デジタル一眼レフのメリットを紹介します。

  1. 画質が良い
  2. 高感度に強い
  3. マニュアル撮影ができる
  4. レンズを交換できる

順に見ていきます。

画質が良い

スマホのデメリットの項で少しお話しましたが、デジタル一眼の撮像素子はスマホよりも大きいです。

下の図を見てください。

(出典:マップカメラ

赤い長方形がスマホカメラのサイズになりますが、一般的にデジタル一眼の撮像素子のサイズはフルサイズ(黄色い長方形)またはAPS-C(緑の長方形)になります。

撮像素子が大きいと、1画素当たりの素子のサイズも大きくなるためより多くの光を取り込めます。

多くの光を取り込めるとノイズの発生を抑制でき見た目にもきれいな写真を作ることができます。

高感度に強い

夜などの暗いシーンで撮影する場合、カメラは周囲が暗いことを露出計で認識し、感度をあげようとします。

感度とは簡単に言うと電子的に光の量を増幅させる処理のことです。一般的にISO感度といいます。

このISO感度、暗いシーンで活躍するのですが、上げすぎるとノイズが増えてザラザラした写真になってしまいます。

デジタル一眼レフは撮像素子が大きいのでISO感度の耐性がスマホカメラよりも強いです。

同じシーンで同じISO感度に設定したとしても、よりノイズの少ない写真を撮影することができます。

マニュアル撮影ができる

スマホカメラのメリットとして「便利なシーン認識」というのを挙げました。

しかし、逆を言うと自分で好きなように撮影設定を変更して撮影できないということになります。

例えば、シャッタースピードや絞りISO感度などの露出制御です。

最近では露出設定を変更できるスマホも出てきてはいますが、変更幅は限定的なものになっています。

デジタル一眼は露出制御も含め撮影に関する設定に自由度が非常に高いです。

シャッタースピードを非常に遅くして川の流れをより流動的に表現したり、レンズの絞りを開けて背景をボカしたりすることができます。

表現の幅がスマホカメラよりも広がります。

レンズ交換ができる

デジタル一眼はレンズ交換ができるため、撮影できる範囲が一定ではありません。

より近くを撮りたければ、魚眼レンズ・広角レンズを使用でき、

より遠くを撮りたければ、望遠レンズを装着することで撮影することが可能です。

レンズの種類も豊富にあり、レンズの数だけ写真表現ができるといっても過言ではありません。

これらレンズを使用することで肉眼では捉えられない様な写真を撮ることができます。

デジタル一眼レフのデメリット

デジタル一眼レフのデメリットは以下になります。

  1. 重くてかさばる
  2. 価格が高い

重くてかさばる

スマホで気軽に写真を撮れるのとは異なり、重くてかさばるのが難点になります。

レンズを複数本とアクセサリー類を持ち歩くことを考えると専用のバッグが必要になってきます。

最近はよりコンパクトなミラーレス一眼が隆盛となっていますが、それでもスマホの携帯性には及びません。

気合を入れて写真を撮る目的を持たないと持ち出すのは億劫になってしまうでしょう。

価格が高い

デジタル一眼レフにも複数のモデルがあり、初心者モデルで安くても4〜5万円はします。

しかもレンズは別で1本やはり数万円します。

トータルで20万以上になることは珍しくありません。

しかし、新品や最新モデルにこだわらなければ中古で安く手に入れることもできるので、

「写真をちょっと始めてみようかな」という方には中古での購入をおすすめします。

ヤフオクやメルカリで型落ちモデルが相場より安く売っている場合もあります。

また、どんなものか一度触れてみたいという方にはレンタルもおすすめです。

どのように使い分けるか?

これまでスマホカメラとデジタル一眼双方のメリット・デメリットを見てきました。

双方の特徴を考慮した上で、最適な使い分けは

被写体によって使い分ける

もしくは

自分が心惹かれたものはデジタル一眼で撮る」ことです。

被写体によって使い分ける

スマホカメラが携帯性で最強であることはこれまで述べてきたとおりです。

しかし、スマホカメラには苦手な被写体が存在します。

・夜景(夜景バックのポートレート)または暗い室内での撮影

・動きモノ

・遠くにいる人物または物体

これらはスマホカメラでは撮影が難しいと言われている被写体です。

もし、あなたがこれらの被写体をきれいに写真に収めたいと思っているならデジタル一眼を検討してみるのもいいかもしれません。

先程も申し上げましたが、改めて新品を購入する必要は必ずしもありません。

中古やレンタルでスマホカメラとの違いをまずは体感してみてください。

「自分が心惹かれたものをデジタル一眼で撮る」

「デジタル一眼レフが便利なことはわかったけど、やっぱり一眼レフを買うほどではないな」と思った人はそのままスマホで写真を撮り続けたほうがいいでしょう。

でも大事なイベントや記念日を少しでもきれいに残したいなら一眼レフは選択肢の一つに入ると思います。

例えば、

子どもの運動会・誕生日・七五三

好きなイベントでの撮影

旅行先での大自然・荘厳な建築物

自分の心が高揚する被写体はデジタル一眼レフで撮っておいた方が後悔しないかもしれません。

写真の撮影機会は一期一会です。

大切なシーンで失敗写真を撮影しないように是非デジタル一眼レフを検討してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

スマホカメラとデジタル一眼レフのメリット・デメリットそして使い分けについて紹介してきました。

スマホの普及により写真がより身近なものになりました。

しかし、未だ撮影時・写真の質の優位性ではまだまだデジタル一眼レフに分があります。

スナップはスマホ、大事なイベントはデジタル一眼レフなど特性を理解した上で使い分けて撮影を楽しんでいただけると幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました