声優・勝杏里の歌声はバンドで鍛え、友人にブラジル人が多い理由とは?

スポンサーリンク

 

少し高めなハスキーボイスが特徴の声優・勝 杏里(かつ あんり)さん。

その声から、「それいけ!アンパンマン」のバイキンマン役や「ドラゴンボール」のフリーザ役の声優・中尾隆聖さんと間違えられることもしばしば…。

勝さんは「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の多摩ヒデキ役や、「とある魔術の禁書目録」の土御門元春役など、人気作品にも出ています。

最近では、2021年1月9日に新型コロナウイルス陽性と診断され療養していましたが、回復し、1月21日から復帰しています。無事戻ってきてくれて安心しましたね。

この記事では勝さんについて見ていきます。

スポンサーリンク

勝杏里のプロフィール

 

●本名:勝 杏里(かつ あんり)
●性別:男性
●生年月日:1977年7月3日
●血液型:A型
●身長:177cm
●出身地:東京都
●趣味・特技:ベース(ギター・ドラムも演奏できる)、歌、作曲、
釣り、ロードバイク、ラーメン作り、筋トレ、格闘技など
●事務所:賢プロダクション

名前から「クォーターではないか?」と時々噂されるようですが、ご両親がフランス人っぽい名前をつけたかったからで、純粋な日本人です。

また、所属している賢プロダクションの声優さんたちは、趣味に「釣り」を挙げている方が多いのですが、なんでも声優に限らず一般会社員や様々な業種の人がいる「賢プロ釣り部」というものがあるそう。
みんなで和気あいあいと釣りをするのでしょうか?なんだか楽しそうですね!

「釣り部」は様々な人が参加していますが、勝さんは小学生の頃から多摩川で釣りをしていたとか、釣りバラエティDVDにも出演しているので、割と中心的な存在なのではないでしょうか。

勝杏里の経歴

 

・「井上和彦の声優教室」5期生(現:B-Box Actors School)

・元氣プロジェクトに所属
(かつては「井上和彦の声優教室」は元氣プロジェクトの付属養成所だった)

・2000年活動開始

・2002年「テニスの王子様」のケンゾー役でアニメ声優デビュー

・2004年「陰陽大戦記」の青龍のキバチヨ役で主要キャラクターを演じる

・2006年賢プロダクションに移籍

 

声優、海外映画やドラマの吹き替え、ナレーターなどの声のお仕事のほか、俳優としても映画や特撮に出演しています。

2006年に解散してしまった声優ユニットRevolverや、バンドbig fat duck、勝杏里名義でも今までにライブなどをしており、ベースとボーカルを担当していますよ!

勝杏里の出演作品

 

最近では「半妖の夜叉姫」の蛾々御前役や「すばらしきこのせかい The Animation」のカリヤ/ 狩谷拘輝役を演じていた勝さん。
主人公の友人や敵役として主人公を引き立てる役に定評があります。

そんな勝さんの演じてきたキャラクターを少し紹介します!

 

陰陽大戦記(青龍のキバチヨ 役)

青龍のキバチヨ
出典:http://www.onmyoutaisenki.net/sakuhin/

生意気だけど、陽気でどこか憎めないキャラクター。
高笑いをしながら登場するのが特徴です。

人望を司る式神というところが、勝さんにぴったりな感じがしますね!

とある魔術の禁書目録(土御門 元春 役)

土御門元春
(出典:https://toaru-project.com/index_3/story/03.html)

とあるシリーズに出てくる上条当麻の親友。
普段はお調子者ですが、多重スパイという裏の顔も持っています。

僕のヒーローアカデミア(インスマス 役)

インスマス
(出典:https://heroaca.com/episodes/2nd/op32/)

原作にはないアニメオリジナルキャラクターで、タコのモチーフのヴィランです。

勝杏里のエピソード

声優になったきっかけ

25歳で声優デビューをし、その後20年近くに渡って活躍している勝さん。

最近は声優を目指す方の多くが10代や20代なので、デビューも20代前半の方が多いことを考えると若干デビューが遅めな気もしますね。

ブログでは読者からの質問にはこのように答えています。

 

杏里さんが
声優になったきっかけは何ですか?

A.
ぼかぁ小学校の時にアニメや映画が大好きで、声優に憧れてたんだよねえ
でそれは単なる憧れで、それから楽器弾くようになって、音楽で食っていきたかったんだけど、そこで色々あって、その時のバンドもなくなり
(人生初の挫折!?)
まあまだ若いんだから色々チャレンジしてみようと思って、その小学生の時の憧れを思い出して、思い切って扉を叩いたって感じ
(出典:勝杏里オフィシャルブログ「Fish & chips」

 

はじめから声優を目指していたわけではなかったんですね。
でも、小学生の頃からの憧れを叶えるその行動力と努力はすごいです!

 

声優になる前の仕事は?

ずっとバンドをやってきて、でも解散してしまって、声優の道を進むことに決めた勝さん。
声優になる前はいろんなアルバイトを経験してきたみたいですよ。

 

今までどんなアルバイトをしたことありますか??
また何が楽しかったですか(・∀・)??

A.
そうねえ、コンビニ店員、新聞の勧誘、カラオケ屋店員、ガテン系、バーテンダーとかかな

その中でも六本木のブラジルのお店でのバーテンダーは長かったな

仕事始めてからもやらせてもらってたし、無理も聞いてもらったり、本当にお世話になりました

ブラジル人ともいっぱい友達になったし♪

でも接客はやってて良かったとつくづく思うなあ
(出典:勝杏里オフィシャルブログ「Fish & chips」)

 

ラーメンとお酒が好きなことを公言している勝さん。
バーテンダーのお仕事もされていたんですね!

接客業が多いですが、「人間が好きなのかも」と自分でも言っています。
すごく人当たりが良さそうなイメージがありますよね。

ちなみに声優以外の憧れの職業は弁護士。子供の頃は漫画家になりたかったみたいですよ。

勝杏里の歌声とは?

勝杏里さんはバンドをやっていたという事ですが、CDなどはないみたいですね。

バイキンマンの時の声などとは全くの別人?

ただ残念なことに、勝杏里さんの顔などが見えないですが動画がありました。

sera drum cam / 勝杏里『Crazy World』

映画が好き

映画好きも公言している勝さんですが、中でも「スタンド・バイ・ミー」は100回以上観たそう!

これだけは誰にも負けない!と思う事は何ですか?
またこれだけは勝てないと思う事は何ですか?

A.
映画
『スタンド・バイ・ミー』
を観た数!100回以上は観てる!

…そんな人いっぱいいるか
(出典:勝杏里オフィシャルブログ「Fish & chips」

同じ映画を100回以上観る人、いっぱいはいないと思います^^;
吹き替えのお仕事も多くされているので、そういう経験が生かされていそうですね!

まとめ

挫折を経験しながらも、小学生の頃からの憧れだった声優を仕事にしている勝杏里さん。
音楽も続けているので、ある意味では夢を2つ叶えているのではないでしょうか。

これからも声優にバンドに釣りに、様々な分野での活躍に期待ですね!

タイトルとURLをコピーしました